きてん企画室、2019年度のコミュニケーションパートナー業務について

きてん企画室では、組織や事業に伴走し、中長期のコミュニケーション活動をサポートする「コミュニケーションパートナー事業」を展開しています。

2019年度は次の3組のパートナーとして活動しています(五十音順)。


岩沢兄弟(役割:担当編集)

岩沢兄弟(有限会社バッタネイション)
兄・ひとし(写真右)、弟・たかし(写真左)からなる二人組クリエイターユニット。活動が活発すぎて、情報発信やアーカイブが追いついていないのが課題。[撮影:ただ(ゆかい)]

モノ・コト・ヒトのおもしろたのしい関係をつくるスペースデザインユニット「岩沢兄弟」。ものづくりの舞台裏に潜む「思考」と「プロセス」を明らかにすべく、広報と記録にまつわる企画編集を担当しています。

 

株式会社チカビ(役割:ディレクター/ことば担当)

chicabi_1600
チカビの新規事業合宿にて(チカビスタッフ以外の方も)。デザイン、建築、UXなど、さまざまな分野の専門家とプロジェクトごとに協働しています。

人や組織のチャレンジを応援するクリエイティブカンパニー「チカビ」。コーポレートコミュニケーションに関わる編集のほか、新規事業のことば担当も務めています。プロジェクトの進捗ごとに必要なことばを扱っています。

 

株式会社Rockaku(役割:コミュニケーションプランナー/東京アートポイント計画担当)

_MG_2927
アーツカウンシル東京 東京アートポイント計画チームの皆さん。Rockakuは、事業に伴走しながら情報発信やイベントなどの企画を担当しています。[撮影:高岡弘]

コミュニケーションを豊かにするコピーライティング事務所「Rockaku」。まちなかのアートプロジェクトを支援する「東京アートポイント計画」事業(主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京)の情報発信プロジェクトにおける戦略・企画・運営を担っています。

 


 

2019年度は、上記3組のコミュニケーション活動への伴走を軸に、企画制作業務など短期プロジェクトも手掛けていきます。

ことばや伝え方に悩まれている方は、きてん企画室までご相談ください。

※現在、コミュニケーションパートナー業務の新規受付はしておりません。