2019年度も徳島県「あわ文化創造アドバイザー」として県内の自治体/文化団体の広報活動をサポートします

きてん企画室・中田一会は、昨年度にひきつづき、徳島県県民環境部県民文化課が主催する「あわ文化可能性創造事業」の「あわ文化創造アドバイザー」を務めます。2019年度は、写真家・加藤甫さんとともに「伝わる広報」を考えるセミナーシリーズ(5回程度を予定)を担当。

あわ文化可能性創造事業は文化芸術活動に取り組む徳島県内の市町村・文化団体が次のステージに飛躍するためのプログラムです。参加者それぞれが課題を持ち寄り、アドバイザーと一緒に目標までの道筋を考えて実践します。新たな一歩を踏み出す市町村・文化団体を募集します。(応募締切:7月2日)

今年度は、写真家の加藤さんとタッグを組むことで、「ことば」と「イメージ」、「伝える」と「残す」の両面から、それぞれの活動に合ったコミュニケーションの形を考えていきます。

徳島の皆さんと一緒に悩み、一緒に考えながら、よりよい事業づくりに伴走したいと思います。徳島県で文化に関わる活動をされている方々からのお申込み、お待ちしております!

応募方法など詳しくは、下記の徳島県公式ウェブページをご覧ください。

 

▼事業内容

  • 「伝わる広報」をテーマに、アドバイザーによる実践型セミナーを年度内に5回程度開催し、 それぞれの課題を共有しながら解決に繋げます。(会場は参加団体選定後に調整)
  • 参加団体のイベント等に本事業の成果を反映させるなど、具体的な効果を検証していただきます。
  • 本事業は県が主催者となって実施し、アドバイザー経費は県が全額負担します。

 

▼詳細|あわ文化可能性創造事業の参加団体募集について
https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/kyoiku/bunka/5028810/

 

▼募集チラシ


*関連記事(2018年度の活動レポート)

  1. 徳島県内の自治体/文化団体の広報活動をサポートします
  2. 「もったいない」が飛び交う広報ゼミナールをつくろう
  3. 広報の悩みは、活動全体の悩み
  4. ことばと上手に付き合うには
  5. 200人がたどり着くためのパンフレット
  6. 広報力をぐるっと見渡す!