吐露の設計

吐露の設計

困っていること、苦しいこと、悩んでいること、躓いたこと、答えのでないこと。

苦味を伴うモヤモヤをどう扱うか。どう素直に言葉にして、その感覚を共有するか。そこからどうやって同じ課題を抱える人と出会うか。

そういう「吐露」を巡る技術こそ、今、広報コミュニケーション活動に必要なんじゃないかと思う。 続きを読む “吐露の設計”