Works|『HAPPY TURN/神津島 通信01』インタビュー取材・執筆

Works|『HAPPY TURN/神津島 通信01』インタビュー取材・執筆

『HAPPY TURN/神津島 通信01』インタビュー取材・執筆(HAPPY TURN/神津島)

プロジェクト|HAPPY TURN/神津島(主催:東京都、アーツカウンシル東京、NPO法人神津島盛り上げ隊)

内容|東京都伊豆諸島のひとつ、神津島(こうづしま)で始まった「幸せなターン(転機・変化・機会)」を考えるプロジェクト「HAPPY TURN/神津島」。生まれ育った場所で暮らすこと、故郷との距離、異なる地域で生きていくことを考えていく足がかりのひとつとして、プロジェクトメディア(リーフレット/ウェブ)を創刊。

創刊号では他の地域から神津島に移住してきた10〜70代の5組にインタビュー。きてん企画室では、インタビュー記事の取材・執筆と、主催NPOからのプロジェクトメッセージの素案執筆を担当しました。公式ウェブサイトでも一部記事をご覧いただけます。

インタビュー取材先
小椋康介さん(漁師)、小椋紗理子さん(観光協会勤務)
齋藤翔太さん(村役場勤務)
薮田進さん(フレンチレストラン経営/シェフ)、薮田登美さん(フレンチレストラン経営)
平野光さん(離島留学生/神津島高校2年生)
桑田篤実さん(ビアバー経営)

クレジット
企画編集:中村圭、佐藤かおり、古谷亘(神津島盛り上げ隊)、上地里佳、坂本有理(アーツカウンシル東京)
ディレクション:川村格夫
執筆:中田一会(きてん企画室)
写真:川瀬一絵(ゆかい)
デザイン:大内かよ(OKデザイン室)
発行日:2018年5月26日
発行:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

アイコン_A_A

人々がその地域に来る理由、暮らす理由はさまざま。移住にまつわるキラキラした話だけでなく、大変なこと、辛いことも含めてしっかり伺えたインタビューでした。神津島、良いところです。今後のプロジェクトの展開を楽しみにしています。

Works|2018年4〜5月

Works|2018年4〜5月

今年の5月は暖かいですね。それが嬉しくて連休中、春物の洋服をまとめ買いしてしまいました。すぐ後悔しそうな予感……。夏はすぐそこ、です。

さて、きてん企画室の開業から1ヶ月半が経ちました。ぼちぼち形になってきたお仕事もあるので、最近の「こんなお仕事しました!」レポートをお届けします。


コーポレートメッセージ制作、求人コンテンツ執筆・編集 (株式会社イールー)

trecktreck.png

クライアント|株式会社イールー

課題・与件|外国人旅行客向けのローカルツアー「TreckTreck」で注目されているが、公式ウェブサイト上には英語コンテンツしかない。取材を受けたテレビ放送に間に合うように、企業メッセージや求人情報を日本語で掲載したい。ただし、制作期間は繁忙期のGW後から放送までの約1週間のみ。

アプローチ|短期で仕上げるべく、代表インタビュー&執筆合宿を敢行。イールーの活動拠点に1泊2日で滞在させてもらい、「事業のはじまり」「やりたいこと」「事業の課題」などをヒアリングし、メッセージの形にまとめ、コーポレートページの構成から求人コンテンツまでをその場で提案・執筆しました。パートナースタッフの呼称や事業上の「旅」の定義など、ひとつずつその場で詰めていきました。

アイコン_A_A

代表・伊藤薫さんの熱い話が楽しくて、ついついロングインタビューになってしまいました。それにしても創業1年ちょっとでNHKから密着取材(*)を受けるなんて……薫さん、凄い!

*NHK「あさイチ」2018年5月15日、16日放送の特集企画「「女性」×「ジモト」 東京下町観光ツアーガイド~東京深川・清澄白河~」でTreckTreckが紹介されました。


ユーザーインタビュー取材・編集、プレスリリース制作(+Graph Cloud&Agent)

plusglaphimage.png

クライアント|株式会社プラスグラフ

課題・与件|個人クリエイター向けの経営管理+エージェントサービス「+Graph Cloud&Agent」のリリースにあたり、公式ウェブサイトにβ版ユーザーの声を掲載したい。また、プレスリリース原稿も作成してほしい。

アプローチ|インタビュー項目の洗い出し、サンプル記事、インタビューフォーム、依頼文を作成。メールベースでの取材・編集を担当しました。今後の運用を考えて仕組みまでつくったところがポイントです。また、プレスリリースは、先にウェブサービス用の素材が潤沢に揃っていたので、プレス向けに情報を選別し、再編集する形でつくりました。

アイコン_B_Ax

プラスグラフさんの設計思想を伺って、「フリーランスクリエイターの働き方図鑑」になるような、インタビューを目指しました。オンラインでしたが楽しい取材。わたしもユーザーの一人なので、実は自分で自分にインタビューしてます。リリース後、SNSでの反響もなかなか良い様子。多くのフリーランスにグッとくるサービスだと思います。


クリエイタープロフィール編集、note記事編集 (写真家・黒羽政士)

kurohanote.png

クライアント|黒羽政士(写真家)

課題・与件|写真家としての考え方や関心事などを言語化し、発信し、指名の仕事を増やしていきたい。ひとりだとSNS運用や執筆の手が止まってしまうので、情報発信について定期的に監修(編集)してほしい。

アプローチ|手がけていきたい仕事のイメージをヒアリングして、プラットフォーム選び、プロフィール写真選び、プロフィール文章の作成からはじめました。note記事は毎週月曜更新を目指しているので、定期的に黒羽さんが書いた原稿を確認し、編集視点でアドバイスしています(内容・構成・伝え方・言葉選びなど全般的に)。

アイコン_D_UN

毎週、鬼コーチのごとく赤字を入れながら、わたし自身も勉強になっています。文章を書くポイントや、抜けがちな専門用語の解説、「一人称のつくり方」を一緒に探りつつ、今後も継続していきます。あと黒羽さんのPORTRAITプロジェクトが素敵なので、合わせてぜひ。連絡するとユニークなポートレート写真を撮影してもらえますよ!


 

以上、最近のお仕事でした。

ほかには、文化事業のコミュニケーション戦略設計・企画づくり、デザインコンサルティング企業のことばづくりなど、ゆっくり長く伴走する仕事も手がけています。

*きてん企画室へのお問合わせはコチラから。